フィンガーライムの栽培

【フィンガーライムの品種改良】播種の時期とその後の栽培管理

投稿日:2019年6月18日 更新日:

昨年実をつけたフィンガーライムの種をしっかり洗って冷蔵庫で保管して、それを5月に播種したものがようやく発芽しました。
播種をしてから潅水などの管理について記載します。

フィンガーライムの播種はしゅとその後の管理

使った培養土ばいようど

ホームセンターなどで販売している【播種用培養土はしゅようばいようど】を使いました。
ピートモスに他の土(パーライトとか)が混ざっているものです。
播種前には培養土に潅水して十分吸水させてから種を蒔きました。

ポイント

  • 播種専用培養土を使用
  • 播種前には培養土に潅水して十分吸水させる

播種の時期

急な寒さがなくなり暖かくなった5月に播種をしました。

播種してから発芽したのが約1ヶ月ほどなので、その後の成長を考えれば4月でも良かったと思います。


4月には最低気温が10℃を前後していて最高気温は20℃ほどになっています。

潅水の回数とポイント

潅水は朝の8:00に1回5分のみで苗場に設置しているエバフローで自動潅水をしています。
潅水し過ぎると発芽した後に腐ってしまう可能性があるので注意しましょう。

梅雨明けして7月に入ったら、1日2回(朝・夕方)に変更する予定です。
8:00と16:00にします。

ハウス内で潅水する際は小型スプリンクラーを設置する予定です。

病害虫防除びょうがいちゅうぼうじょについて

発芽して弱々しい状態のため丈が5cmほどになったらダニ剤もしくはちょう対策で【マシン油やダントツ、モスピラン】を散布する予定です。
イモムシなどに直ぐに食べられてしまうので定期的に防除します。

今後の栽培

現在はハウスの外で栽培していますが、10月頃には寒さ避けのためにハウス内に移動させる予定です。
ある程度のサイズになったらポットに移植します。

寒さに弱いのでかなり心配なので年末には2重被覆して栽培するつもりです。

まとめ



ネットでも種が販売しているようです。
昨年位までは苗しか見ていませんでしたが種も売っているんですね!

販売店の文字が片言なので海外の販売業者かな?
種から育ててオリジナルのフィンガーライムを作るのも楽しみです。☺

 

 

-フィンガーライムの栽培
-

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.