フィンガーライムの栽培

ライムは露地栽培できるのか?!

ライムは露地栽培できるのか?! 31

当園のブログのアクセスキーワードを見てみると

フィンガーライム 栽培

のワードがトップに。

そうですよね。まだ日本での栽培の情報が少ないですもんね(・_・;

ですが、、

私もわかりません(笑)

柑橘類は湯河原や三浦や三ヶ日など、有名な地域は、暖かく、陽が当たる場所です。

デコポンなどは、霜にあたると苦味が出てしまうらしく、やはり暖かい場所以外での栽培は難しそうです。

もしくはハウス栽培、屋根掛け栽培などで最低限、霜にあたらないようにすれば、商品化できるのかなと思います。

私が栽培しているフィンガーライムは、今年で2年目になり、株も大きくなりました。

しかし、葉っぱが小さくて、落葉が多い、、、

いまはハウスにいれていますが、露地栽培はできるのかな?

、、、露地栽培できるか試してみたいけど、来年になったら初収穫できそうなので、もう一年はハウス栽培を継続します。

今の所、分かっていることは

•寒さに弱く、落葉しやすい。(無加温ハウス栽培 最低3℃の環境)

•蝶などのイモムシに葉っぱが食い荒らされる。
対策として 農薬のフェニックスを散布する。

•育苗して2年目で、小さい果実がついたが、果実にならず、落ちた。

です。
病気よりも、虫類の対策をしたほうが良いと思います。
でないと丸坊主になります。

今後も継続し、栽培状況を掲載していきます!
[iphone]

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-フィンガーライムの栽培

© 2021 藤稔発祥の青木果樹園