ブドウの栽培

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説

2019年6月4日

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 19

https://kazyuen-aoki.com




【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 24

ブドウの房作りの動画を作成しました。画像でもポイントと注意点を交えて解説しています。

注意してもらいたいのが【種なしブドウにする場合の房作り】のやり方の紹介です。

種ありブドウとは房作りの方法が異なるのでご注意ください。

種なしブドウの房作りの動画

種なしブドウの房作りの基本

花穂の長さ

品種 花穂の長さ 先端を詰める有無
藤みのり 3.5cm 詰めない
ピオーネ 3.5cm 詰めない
巨峰 3.5cm 詰めない
クインニーナ,安芸クイーンなど 3.5cm 詰めない
シャインマスカット 4.0cm 詰めない

花穂の長さは【先端からの長さ】です。粒の根元からではなく、【粒の先からの長さ】になります。

種無しブドウの場合は先端を詰めない(切らない)で房作りをします。

このときの花穂の長さがその後の収穫時の軸長に影響します。

具体的に下記の記事で紹介しています。

 

 

房作りの時期

花穂が伸びきった時に行います。

見分けるポイントは【花穂の上段が開花し始めた頃】になります。

花穂が伸びきる前に房切りをすると、房切り後に花穂が伸びてしまい3.5cm以上になってしまい【奇形果になりやすい】です。

また、本摘粒のときに丈が長いため【余計な摘粒作業の手間】がかかってしまいます。

3.5cmにすることで本摘粒時には丈が8cm~9cmとちょうど良い長さの房になります。

この位の長さがギフト箱に入れるのにちょうど良いサイズとなり、粒同士が密着しやすく荷崩れしにくくなります。

収穫から出荷のことも考えられた長さが3.5cm(品種による)になります。

開花初期

ブドウの房作りの仕方とポイント

ブドウの房作りの仕方

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 25

房の先端から3.5cmの長さを残してそれ以外を落とします。

ただし、ジベ処理用の目印は2つだけ残します。

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 26

調整した花穂から約5cm上のところにジベ用の目印を残します。

それより上の部分は手で削ぎ落とします(ハサミでも可ですが、手の方が早いです)

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 27

完成です。次の房も同じようにやっていきます。

第一花穂、第二花穂どちらを残すか?

基本的には綺麗な形の花穂を残します。
第一花穂の方が早く作られたのだから房が大きくなるとは限りませんので形の良い花穂を選びます。
1新梢1花穂が理想ですが房作り後に強風や病害虫などで房が台無しになる可能性があるので、1新梢2花穂ほどに残しても良いかと思います。

主穂と副穂の見分け方

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 28

真っ直ぐに出ているのが【主穂】で主穂の根本あたりから出ている花穂が【副穂】です。
基本的には主穂を房作りして副穂は切り落とします

しかし主穂が病害虫や風などでボロボロだったり奇形の場合は副穂を使います。これはケースバイケースでやっていきます。

ポイント

シャインマスカットの場合、主穂に奇形が多いため副穂を使うことが多いです。

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 29

主穂が正常なので副穂は切り落とします。

穂先が二股の場合の対応

花穂の調整前

花穂の調整前

上の画像のように穂先が二股に分かれている場合があります。
このままにしておくと房が成長したときに二股になってしまい形が悪くなるので1つにします。
ポイントは真っ直ぐの方を残して横から出ていたりする方を切ります。
現在の花穂の形が成長したときの房の形に直結するためです。
この場合は【○で囲ってある方を切り落とします

花穂の調整後

花穂の調整後

花穂の中間から二股の場合の対応

中央から分岐の場合

花穂の調整前

花穂の調整前

上のように途中で分岐している場合は【房の形が良い花穂を残します】
少し迷いましたが上の画像の○の方(左の花穂)を切ることにしました。
理由は左の花穂は先端に粒が偏っているためです。

花穂の調整後

花穂の調整後

中央にやや長めの花穂の場合

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 30

花穂の調整前

上のように花穂の途中からピョコッと出ている場合はその根元から切り落とします。

花穂の調整後

花穂の調整後

調整することで綺麗な房になりました。

花穂に粒が沢山付きすぎている場合の対応

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 31

花穂に粒が沢山付きすぎている場合は指で摘まんで数を減らしてあげます。
帯状花穂(やたら太い花穂)】などで多く見られるので数を減らしてあげましょう。
粒が多い状態だと本摘粒の時に作業が大変になるので、これも省力化のための大切な作業です。

房作りの時に私が使っている道具

サボテンの先丸ハサミを使っています。先が丸いので摘粒時に粒を傷つけにくいです。また、首長タイプなので太めの軸も楽々切れます。
そのハサミは水やヤニクリーナーを入れられるケースに入れています。
房作りの時にヤニがつくと切れ味が悪くなるので、ケースにためたヤニクリーナーでヤニを落として切れ味を直ぐに回復できます。時間短縮です。

6月中下旬になった房の画像

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 32

房作りの時期に3.5cmにしておくと上の画像のようにおおよそ8cmくらいの丈になります。
本摘粒についてはこちら

【ブドウの房切り動画】種なしブドウの房作りの方法を動画で解説 33

  • この記事を書いた人

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。フォローして頂けると記事を書く励みになります。

-ブドウの栽培
-,

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園【果樹の育て方・農機具レビューブログ】 , 2019 All Rights Reserved.