桃の栽培

改植の時は、土に注意する!

改植の時は、土に注意する! 37

剪定とともに、抜根も進めています。

改植の時は、土に注意する! 38

これは、桃なのですが、梨の場合は白モンパ菌に要注意しないとなりません。

枯れた枝とかを土中で分解してくれる菌なのですが、、

生きている根っこに悪さをします

枯れた木の根っこを住処とし、増殖して、生きている果樹を結果的に枯らしてしまう菌です。

抜根したあとは、根っこをほとんど取り除き、地中には残さないようにします。

この白モンパが見つかった場合、フロンサイドという農薬を土壌灌注して、菌を退治するか、一年ほど、穴を開けっぱなしの状態にして、日光消毒をして、菌の密度を減らします。
※または、そこの土を取り替える。

菌の密度を減らさないと、他の元気な果樹をドンドン弱らせて、枯らしていきます。

果樹栽培をしている生産者にとっては、大敵です。

もう少し、詳しく知りたい方はこちら
モモ白モンパ防除にフロンサイドが有効

[iphone]

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-桃の栽培

© 2021 藤稔発祥の青木果樹園