熨斗(のし)について

熨斗について




熨斗(のし)について 3

熨斗の種類と使い方・当園で同封している熨斗について紹介します。

熨斗とは

熨斗

熨斗とは【あわび熨斗を模したもので、祝い事などの贈り物に添える飾りです。】

表書きとは【水引の上に書く文字のことです。どんな贈り物かを記します。】

水引とは【贈り物の包み紙を結ぶのに使います。】

熨斗は箱の中(果物の上)に同封して発送致します。

ギフトに同封可能な熨斗について

大変申し訳ありませんが、熨斗の種類に限りがあります。

同封している熨斗の種類

  • 無地のし お祝い用 蝶結び
  • 無地のし お祝い用 結び切り
  • 無地のし 仏用 結び切り

無地のしとは?

無地熨斗とは表書きと名前どちらも書かずに空白にした簡素な熨斗のことをいいます。

お祝いやお見舞などを頂いた際そのお返しとして贈られる「内祝い」に使われることも多いのですが、

一般的にはお礼やご挨拶などの日常の贈リものをする際や、

訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。

また相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよという意味で無地熨斗が使われることもあります。

白黒結び切り

紅白結び切り

結び切り

「紅白結び切り」は、「紅白蝶結び」とは違って、結び目が簡単にほどけません。

よって、一度きりであってほしいお祝い事に用います。また、これらの内祝いにも最適です。

白黒結び切り

結び切り

「白黒結び切り」は、告別式前後の御霊前や御供に用います。

通夜や葬式の香典、法要のお供え物などには、「黒白結び切り」を付けましょう。

紅白蝶結び

蝶結び

「紅白蝶結び」は、結び目を何度でも簡単に結び直せることから、「何度繰り返しても良いお祝い事やお礼」などに用います。

 

熨斗の種類

一般的な贈り物の種類

用途:手土産【粗品 粗菓】

御餞別

用途:謝礼【御礼 寸志】

御礼

用途:お別れ【御餞別 御礼】

お別れ

用途:楽屋見舞い【楽屋御見舞 御部屋御見舞】

楽屋見舞い

用途:陣中見舞い【陣中御見舞】

陣中見舞い

出産のお祝いの種類

用途:出産のお祝い【御祝 御出産祝い】

出産のお祝い

用途:出産祝いのお返し【出産内祝い】

出産祝いのお返し

結婚のお祝いの種類

用途:結婚のお祝い【御祝 御結婚祝い】

結婚のお祝い

用途:結婚祝いのお返し【結婚内祝い 内祝い】

結婚祝いのお返し

※名入れは連名で、右側は新郎、左側が新婦でお入れします。

季節の御挨拶の種類

目上の方に季節の御挨拶をする時は「御伺い」の方を使用します。

残暑お見舞い(お伺い)は8月の立秋からです。

用途:夏の御挨拶

夏の御挨拶

  • 【御中元】
  • 【暑中御見舞 暑中御伺い】
  • 【残暑御見舞 残暑御伺い】

弔事(ちょうじ)

結びきりは繰り返すことを、はばかられることに使用します。

仏式の「満中陰志」は関西で49日までに使います。

49日までが「御霊前」その後は「御仏前」です。

「志」は一般的に49日までに使います。
※弔事の時は熨斗はつきません。

仏式用途:法要の御供え【御供え 御仏前 御霊前】

法要の御供え

用途:御供えのお返し【粗供養 志 満中陰志】

御供えのお返し

神式用途:法要の御供え【奉納 御供え】

法要の御供え

神式用途:御供えのお返し【偲び草 志】

キリスト教式用途:法要の御供え【昇天記念】

法要の御供え

キリスト教式用途:御供えのお返し【偲び草 志】

お見舞い

「御礼」は病院等のお礼の時に使用します。

例えば、先生や看護婦さんなどへの贈り物に使います。

「御見舞」は

  • 病気・けが・災害に見舞われた方へ
  • 「快気内祝」や「内祝」を御見舞を頂いた方へ
  • お世話になった病院の方へ「御礼」をお渡しします。

用途:病院見舞い【御見舞い】

病院見舞い

用途:御見舞いのお返し【快気内祝い】

用途:快気のお祝い【快気祝い 全快祝い】

快気のお祝い

用途:御礼【御礼】

謝礼

その他のお祝いの種類

用途:長寿のお祝い【寿 御祝】

長寿のお祝い

  • 用途:長寿のお祝いのお返し【内祝い】
  • 用途:学校行事のお祝い【御祝】
  • 用途:行事のお祝いのお返し【内祝い】

用途:移転のお祝い【新築祝い 引越御祝い】

快気のお祝い

用途:移転のお祝いのお返し【新築内祝い】

季節の御挨拶について

お中元を贈る時期は7月の上旬から8月の上旬頃までに贈ります。

お中元を贈る相手が喪中の場合は中元や歳暮はお祝いではなく、感謝の気持ちを贈るものですから喪中でも贈って構いませんが、

四十九日を過ぎていない場合や、気落ちしている場合は贈る時期を遅らせて

「暑中見舞」や「残暑見舞」として贈るほうが良いでしょう。

お盆の各時期について

 暦法時期代表的地方
7月盆新暦7月15日ころが中心東京・横浜 
東北地方 など
8月盆新暦8月15日ころが中心全国的に多い。
北海道 新潟 長野 
関東南部 関西地方 など
旧盆旧暦旧暦の7月15日ころが中心
(新暦での日程は、年によってことなる。)
関東北部 中国 四国
九州 南西諸島 など

夏の贈り物について

【夏の贈り物の表書き】

  • お中元/御中元/御中元御伺・・・7月上旬~8月上旬
  • 暑中お伺/暑中お見舞・・・7月15日(8月15日)
  • 残暑お伺/残暑お見舞・・・立秋(8月8日頃)~9月上旬

【お礼の形にする場合の表書き例】

御礼/お礼/謝礼/感謝/粗品 など

【御中元】

一年の上半期を区切り、新暦の7月1日~15日、又は、月遅れ8月1日~15日頃の間に、お礼の気持ちをこめて贈ります。
月遅れの「お盆」を行う地方では「お中元」も8月15日までに贈るのが通例です。

【暑中見舞い】

お盆に親元や仲人などを訪問し、贈り物をする風習。
日ごろあまり連絡をとっていない・ご無沙汰している相手へ、気遣いの気持ちをこめて贈ります。

【残暑見舞い】

立秋(8月7日)後から8月下旬に贈ります。猛暑期に相手への気遣いとして贈ることが、残暑見舞いの主旨です。

長寿のお祝いについて

  • 古希:数え年 70歳(満69歳)中国(盛唐期)の詩人 杜甫の曲江詩「人生七十古来稀」が、古希の由来とされています。杜甫が生きた時代では、人生を70歳まで生きるの人は 稀でした。
  • 喜寿:数え年 77歳(満76歳)「喜」を草書体で書くと 、七十七と読めるところから、数え年 77歳のお祝いを喜寿と言うようになったようです。
  • 傘寿:数え年 80歳(満79歳)「傘」の略字が、八と十に読めるため、数え年 80歳のお祝いを傘寿と言うようになったようです。
  • 米寿:数え年 88歳(満87歳)「米」の字を八と十と八に分けられる事から、数え年 88歳のお祝いを米寿と言うようになったようです。
  • 卒寿:数え年 90歳(満89歳)「卒」の略字が、九と十に読めるため、数え年 90歳のお祝いを卒寿と言うようになったようです。
  • この記事を書いた人

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。フォローして頂けると記事を書く励みになります。
青木果樹園のBASE shopはこちら
最新時記事はこちら

2013年3月7日

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園【藤沢の直売所 梨・ブドウを販売・直送・通販】 , 2019 All Rights Reserved.