農業で使うWEB・IT・ガジェット

農業で使うセンサーってどんな奴があるの?鳥獣害・病害予測・水位計センサーなどを紹介

投稿日:2017年10月5日 更新日:

最近はいろんな農業センサーが出始めました。
将来はnetatmo以外の農業センサーも導入したいです。

e-kakashi

「e-kakashi」のゲートウェイ&センサーノードは、ほ場で取得した環境データ*を見える化するだけではなく、
生育ステージごとに重要な生長要因・阻害要因を設定。
ほ場の環境データと紐付けて、いまどんなリスクがあり、どう対処すべきか、最適な生育環境へ24時間365日体制で、ナビゲートします。
*:気温、相対湿度、地温、水温、土壌体積含水率、EC、日射量、CO2濃度

e-kakashi

ボッシュの病害予測サービス「Plantect™」

センサーによるモニタリング機能:
Plantect ™はハウス内環境を計測するハードウェアと、計測された数値をもとに病害発生を予測するソフトウェアで構成されているサービスです。
ハードウェアには、温度、湿度、日射量、二酸化炭素量を計測するセンサーが備えられており、ハウス内に設置すると、これらのデータが計測され、クラウドに送信されます。
ユーザーは、スマートフォンやPCなど各種デバイスからWebベースのアプリを通じてクラウド内のデータにアクセスすることができるため、
いつでもどこにいてもリアルタイムでハウス内環境を確認したり、過去のデータを参照することが可能です。

AIを活用した病害予測機能:
Plantect T™M にはモニタリング機能に加え、病害の発生を予測する機能があります。モニタリング機能でクラウドに送信されたデータは、
ボッシュ独自のアルゴリズムにより葉濡れなど病害発生に関わる要素が解析され、気象予報と連動し、植物病の感染リスクの通知をアプリ上に表示します。
ボッシュは、2017年にこれまでAIの研究に取り組んできた組織を集約させた研究センターを新設しました。
このセンターは、AIの専門知識の強化を目的としており、今後2021年までに3億ユーロを投資して研究開発を拡大させる予定です。
Plantect ™では、100棟以上のハウスのデータとボッシュの強みであるAIの技術を用いて病害予測アルゴリズムを開発しました。
Plantect ™ は、ボッシュ独自のアルゴリズムと各ハウスのモニタリングデータをもとに病害の発生を予測するため、
これまでの広域での注意喚起と異なり、各ユーザー向けにカスタマイズされた病害予測を可能にしました。過去データの検証では92%の予測精度を記録しています。

プランテクト

水位センサーの【パディウォッチ】

水田の水位・水温を
いつでもどこからでもモニタリング
農業従事者の高齢化と担い手不足により、農作業の効率は喫緊の課題です。
なかでも水稲栽培では、水田の水を浅くして土の温度を上げたり、気温が低いときには水位を上げて稲を保護したり、と状況に応じて細やかな水管理が必要です。
水田センサ(PaddyWatch)は水田に設置して、水稲栽培に必要な水位、水温を自動で計測するシステムです。
パディウォッチによってリアルタイムで水位の状態をチェックすることで、水の見回り回数、見回りに必要な時間を大きく削減することが可能になります。
また、適切な水管理は、高温登熟による品質の低下を防ぐなど、収量や食味にも大きく影響を与えます。

パディウォッチ

MaBeee

MaBeee(マビー)はおもちゃやライトなど、単3の乾電池で 動く製品をスマホ専用のアプリでコントロールできるようになる乾電池型IoT製品です。
専用アプリを使って操作することで、おもちゃを動かしたり、 イルミネーションの演出をしたり、様々な遊び方を楽しむこと ができます。

こちらは農業センサーではないですが記事中で

「MaBeeeの基板は、温度・湿度や加速度、
重量などを測るセンサー類を容易に追加できる設計にしてある。
BtoB事業では顧客企業の要望に応じてカスタマイズしたIoTモジュールを使い、
製品のスマート化を実現する」(岡部代表取締役)。

とありますので、農業センサーへの対応が期待できます。

MaBeee

潅水制御システム「SenSprout Pro」

SenSprout Proは農地に埋め込むことで土壌水分と温度を計測し、
取得したデータを分析することで水やりの効率化をサポートする製品。
農産物の生産において、水やりや施肥の頻度・量は作物の品質を大きく左右します。
しかし、栽培ノウハウが確立されている日本においても、これまで水やりや施肥の効果は目に見える土壌や作物の状態でしか判断することは出来ませんでした。
データに基づいた栽培管理を行うことで、収量や品質の向上、そして圃場が保っている水分や養分の長期的な有効活用を可能にする農業用センサーシステムです。

農業用センサー「SenSprout Pro」

水分管理は苗作りに必須です。
これがあればフィンガーライムが水切れを起こした事を把握できて、枯れなかっただろうなぁ。。

Netatmo Weather Station(ネタトモ ウェザーステーション)

他には当園で使っているnetatmoの気象センサーは安価でランニングコストがかからないので、簡易情報を知りたい場合はオススメです。

子機をハウスの中に入れて、室温を把握するのに使っています。
あと雨量計(オプション)も使えますよ。

害獣センサーの自動スプリンクラー 有害動物の侵入防止

センサーで害獣を察知したら水を噴射する撃退装置。
音波や音などでは慣れがあるので、これは物理的に追い払うので期待できそうです。

本体からの距離10m、角度110度の範囲に、猫などの動物等が入り込むと、動きを赤外線で感知し、 スプリンクラーが動きだし、ノズルより急激に水撃退します。
設定した首振り角度で水道水を3秒間まき散らし、 猫を撃退する、安全確実な猫よけ装置です。 (噴出時間:3秒間 噴出水量:1回の散水量は、約500mL)
設置方法:地面にくい部分を挿し、9V乾電池を入れ、水道水のホースを繋ぎます。 植木鉢などに挿しても使用可能です。感度調節つまみ(on/off兼用)で感知距離を調節します。
地上部高さ:約46cm 地下(杭)部長さ:約15cm 幅:約6.5cm 奥行:約18.5cm 本体重量:約660g(含乾電池)
※米国製ホース(ネジ式)になっている為、そのままではご利用いただけません。日本製のホースを接続できる変換アダプターが別途必要となります。(別売り) ※角型9V乾電池は別売りとなっております。※日本語の説明書はございません。

ペストバイ (PestBye) PB0033A ジェットスプレー

感度範囲設定を簡単に調整
電池式 – 単3乾電池4個使用(電池は含まれていません)
120度のアーチ、最長10mまでの範囲で、少なくとも100㎡の面積をカバー
トリガーで5秒間のウォータースプレー発射
各発射後に自動リセット

フマキラー 猫まわれ右 びっくりスプレーセット 2セット

【センサー仕様】 種類:熱感知赤外線センサー 有効距離:(約)2~3m 有効角度:(約)90°の扇形
【スプレー仕様】 噴射範囲:(約)1~2m 噴射時間:0.8秒 スプレー回数:(約)50回 内容量:300mL ガスの成分:エタノール、LPG
【誤作動防止】 噴射前警告音:3秒間 一時停止モード:手を叩くと、音を感知して1分間機能停止
【寸法・重量】 個装寸法:(約)W145×D250×H130mm 個装重量:(約)620g
【その他の仕様】 電源:単4アルカリ乾電池4本 防雨設計


農業用センサー関連記事


8view

農業で使うWEB・IT・ガジェット

ネタトモのウェザーステーションがプライム会員限定特価!本日限りのよう。

プライム会員限定で、ウェザーステーションがかなり安くなっています! 通常は2万円しますが、それが5000円引きの1500 ...

63view

農業で使うWEB・IT・ガジェット

【農業で活用】Netatmo(ネタトモ)ウェザーステーションをハウスに設置してスマホで計測する方法

Netatmo Weather Station(ネタトモ ウェザーステーション)を離れたハウスに設置してハウス内の気温・ ...

12view
no image

農業で使うWEB・IT・ガジェット

私が使っている便利なIT機器の一覧

ブドウの房つくりの時期ですが、うっかり写真を取り忘れていたので別のネタを投稿します。 私が使っているIT機器です。 AS ...

-農業で使うWEB・IT・ガジェット
-,

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.