WEB・アプリ・ガジェット

【圃場図を作成するメリット】収穫量アップや作業効率の向上に繋がる理由

2017年11月20日

【圃場図を作成するメリット】収穫量アップや作業効率の向上に繋がる理由 3

果樹栽培における基本のキの部分で、圃場図の作成があります。

ただ果樹栽培に限らず、最も重要な部分だと思っています。

圃場図作成のメリット

圃場図を作成することで、現在の木の本数および品種、定植した年も入力することで、
現在および将来の品種ごとの収穫量を把握でき、改植の時期もある程度決められます。

図に落とすことで、空いている無駄な空間を埋める段取りも組みやすいと思います。

少しでも収穫量を上げるには無駄なスペースを無くすのが重要です。

※ただし、作業の効率も考えて植えないと後が大変です。
隅柱の近くに植えようものなら、抜根の際に苦しみます。
ただ植えるだけはダメです。

また、木ごとにQRコードを貼り付けて、専用のWEBサイトを立ち上げて管理するのも楽しそうです。

wordpressでサイトを非公開設定または、登録した人(管理人)のみしか見られないようにすれば、セキュリティも安心です。

木ごとにQRコードで管理し、収穫した果実も木ごとに確認し、
どの木がどのくらいの収穫量を上げたかなどを都度WEBサイトに入力すれば、収穫量を細かく把握することも可能です。
とんでもなく手間はかかりますが(笑)

QRコードなどの作成にオススメのラベルマイティ

QRコードはラベルマイティで簡単に作れます。
当園ではわいわい市へ出荷する商品の中にQRコードの書いてあるラベルをいれて出荷しています。

 

そこから読み取れば、WEBサイトの方にとぶようにできているので、使い方次第で販促用途にも使えます。

サブアドレス作って、木の管理専用のサイトを立ち上げようかなぁ。。

デザインに凝らなくて良いので、2、3日あれば作れそうな気がします。

やりたい事がドンドン出てきますが、なかな追いつかない。。。

まずは、最近滞っていたbaseのショッピングサイトの作成を進めていきます。

 

【圃場図を作成するメリット】収穫量アップや作業効率の向上に繋がる理由 7

 

  • この記事を書いた人

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。ブログを更新するとSNSにも配信する設定なので、最新情報はSNSでフォローしてもらえると直ぐに確認できます。

-WEB・アプリ・ガジェット
-,

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園【果樹の育て方・農機具レビューブログ】 , 2019 All Rights Reserved.