梨の栽培

苗木の時期に先端を伸ばす方法①

苗木の時期に先端を伸ばす方法① 43

「梨の苗木の時期に、根元から徒長枝や強い枝が出てしまい、主枝よりも太くなってしまった」

という事にならない様に、根元の方から出る枝は以下のように処理するのも1つの手です。

苗木の時期に先端を伸ばす方法① 44
ノコギリで根元の少し先に切れ込みをいれて、皮一枚を残す様に切り取ります。
あとで、ビニールテープでしっかり巻いときます。

こうすることで葉枚数を確保でき、この枝を主枝よりも太くならないように、コントロールできます。

根元の枝ほど太くなるため、切り落としがちですが、そうすると葉の数が減ってしまい、成長がやや遅れてしまいます。

でも、太い枝にはしたくない場合はこうします。

もちろん、こうした枝には果実はならせません。
あくまで、葉の数を確保するために置いときます。

ただ、こうした枝でも主枝より高い位置にあると太くなるため、位置を低くくします。
苗木の時期に先端を伸ばす方法① 45

これで、太い枝も処理できて、葉枚数も確保できて、一石二鳥!
[iphone]

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-梨の栽培
-,

© 2021 藤稔発祥の青木果樹園