ブドウの栽培

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う

2016年5月30日

ブドウの摘心

https://kazyuen-aoki.com




【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 18

ブドウの開花時期の5月下旬から7月上中旬の間に摘心をすることで

ブドウの粒を大きくすることができます。

ブドウの摘心方法と具体的な摘心の時期、そのポイントについて解説します。

先に結論!

  • ブドウの摘心は5月下旬から7月下旬の期間中に行う。それ以降では生理障害が起きる可能性がある
  • 房から先7節目で摘心し、副梢は2節のこして摘心する。それを繰り返し行うことで粒が肥大する





【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 20

ブドウの摘心とは?

ブドウの新梢を途中で切ることを【摘心】と呼びます。

適切な時期に適切な方法で摘心をすることで

ブドウの粒を肥大させたり

ブドウの糖度・着色を促進させられます。

ブドウの摘心の時期【5月下旬~7月上中旬の期間】

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 21

この時期に新梢の先端を摘芯します。

そうすることで【枝を伸ばすための養分が房に集中して肥大促進】につながります。

新梢の【先端が50円玉くらいのサイズの未展葉時】に摘心するのがベストです。

あまり枝が大きく生長してから摘心してしまうと悪影響が出てしまいます。

それについては後述します。

上記の画像のように先端が小さい時は、手で簡単に摘んでとれるので作業としては大変楽です。

また重要なのが5月下旬~7月上中旬の期間中に繰り返し摘心します

摘心すると副梢が伸びてくるので、副梢をそのままにしておくと

養分が房に行かず副梢に行ってしまうからです。

ポイント

  • 先端が50円玉くらいのサイズの未展葉時に摘心するのが良い
  • 摘心すると副梢が伸びてくるので、期間中繰り返し摘心をする

ブドウの摘心の方法・手順

摘心にはルールがあります。

新梢が短すぎても長すぎても効果が薄いので注意しましょう。

①ブドウの房から先の7節目の先で摘心する

ブドウの摘心

房の先から数えて7節目の先で摘心します。

7節残すのが基本になります。

②ブドウの副梢は2節残して摘心する

ブドウの副梢摘心前
ブドウの副梢摘心後

ブドウの副梢の摘心後

摘心をすると上のように副梢が伸びてきます。

副梢に養分が行かないように副梢も2節残して摘心します。

2節残すのは葉の枚数を稼ぐためです。

副梢を全て摘心してしまうと葉の数の総数が少なくなり、その新梢にあるブドウ(房)の糖度や着色に悪影響があります。

粒の肥大をさせつつ糖度を上げて着色も良くするには副梢の葉を少し残して摘心します。

③ブドウの新梢の根元から房の上の副梢は摘心しない

ブドウの摘心

新梢の根元から房の上の副梢は摘心しません。

ここの副梢は房の糖度を上げるための役割があるからです。

また、房を影にすることで日焼け防止にもなります。

ただし、副梢が伸びすぎた場合は10節(葉を10枚)ほど残して摘心します

シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツなどの欧州系統のブドウは副梢がかなり伸びるので、適宜摘心をします。

まとめポイント

  • 房から先の7節目の先で摘心する
  • 副梢は2節残して摘心する
  • 新梢の根元から房の上の副梢は摘心しない(伸びすぎた場合は10節残して摘心する)

【注意点】摘心してはいけない新梢など

新梢の中には摘心をしてはいけないものがあります。

樹勢の弱い新梢は摘心しない

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 24

摘芯するのは樹勢の【強めの新梢のみに絞る】です。

弱くあまり伸びていない新梢を摘芯してしまうと、

その後の新梢がまったく伸びず(副梢も伸びない)房が大きくならないのと、

新梢の成長が止まるので味も落ちてしまいます。

上の画像のような【弱い新梢は摘芯しない】のがポイントです。

ただ、もう少し後の時期にある程度の長さと新梢の勢いが良くなれば

摘芯をしても大丈夫だと思います。
※その年の気温によるので判断が難しいですが。

気温が低い年だと新梢の伸びが悪いため副梢も伸びない場合もあります。

なお,樹勢の弱い新梢で,強い摘心を行うと,

副梢の発生が少なく葉面積の不足につながるので

十分注意する必要がある.

強摘心による未熟粒の増加に関する論文

また、その他の重要なポイントは

ポイント

摘芯は先端の葉っぱが50円玉くらいの小さな時に繰り返し行います。】

上記はとても重要です。

なぜ50円玉くらいの未展葉の時に摘心をするのか?

それについて論文で説明されています。

この中の論文の1つに

「新梢を強摘芯することで、縮果症の助長】をしてしまう。」

と記載があります。

ハサミでバサッと切るのではなく、こまめに摘芯をするのが重要です。

開花期から果粒軟化期までの新梢管理間隔を 10 日間隔(摘心・芽かき等の弱い新梢管理。以下、「10 日区」)と

40 日間隔(強い切り戻しを伴う新梢管理(夏季せん定)。以下、「40 日区」)で比較すると、

40 日区における未熟粒の発生した果房の割合は 64%と高く、

強い新梢切り戻しを伴う管理(夏季せん定)によって未熟粒の発生は助長される

ブドウの摘心をして良い時期は限られている

摘芯をする時期は今年は【7月下旬(7月末)くらいまで】にしておく予定です。

ベレーゾン期

8月以降などにすると、その時期では副梢の伸びが落ち着いてくるので

副梢が伸びずに日が当たり過ぎてしまい【日焼けが発生する恐れ】があります。

また渋みが抜けなくなる可能性】があります。
※青系ブドウでは日があたり過ぎて黄色くなってしまう。

ちょうど7月上旬からベレーゾン期に入るため、強摘心は房に悪影響を及ぼすので

新梢管理は注意しましょう。

ただしある程度、枝を減らしておかないと影になって着色が遅くなります。





【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 25

まとめ

摘芯をする時期は開花始め(5月下旬頃)から7月下旬(末日)頃まで(品種による)

黒や赤系ブドウにおいて

  • 5月下旬〜7月上中旬までの摘芯は【肥大促進】が目的。
  • 7月下旬(末日)の摘芯は、採光確保の着色促進が目的。

青系ブドウにおいて

  • 5月下旬から7月下旬(末日)までの摘芯は肥大促進が目的。

チェックポイント

  • 摘芯をするのは強めの枝のみで弱い新梢はしない
  • 房の先7~8節のところで摘芯。
  • 房から先の副梢は2~3枚残して摘芯。
  • 房より前の葉っぱは多めに残す。
  • 摘芯するところの葉っぱは50円玉くらいの大きさの時に繰り返し行う。
    ※ハサミでバサッと切るような強摘心はしない。

\ 摘芯がしやすい剪定鋏です!/

 

 

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法と時期を解説】5月下旬~7月上中旬の時期に行う 27

 

  • この記事を書いた人

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。ブログを更新するとSNSにも配信する設定なので、最新情報はSNSでフォローしてもらえると直ぐに確認できます。

-ブドウの栽培
-,

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園【果樹の育て方・農機具レビューブログ】 , 2019 All Rights Reserved.