果樹の病気・害虫図鑑 ブドウの栽培

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法

2019年3月23日

ブドウの黒とう病

https://kazyuen-aoki.com




ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 36

発芽(萌芽)前の3月に対策を行うことで、夏に発生するブドウの黒とう病の発生をかなり減らせる事ができます。

ブドウの黒とう病は果実や枝、葉っぱに黒い点が発生する病気です。

トップジンペーストを3倍希釈したものを結果母枝に塗布することでも発生を軽減できます。

先に結論!

  • トップジンペーストを3倍希釈したものを結果母枝に塗布する
  • 黒とう病は雨で感染するので冬に棚に残っている巻ツルや枝は除去する
  • デランフロアブルや石灰硫黄合剤は黒とう病の発生を減らす


ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 37
NISSO(日本曹達)
¥1,658 (2019/10/19 20:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 38
(株)コジマ
¥5,200 (2019/10/19 20:57:48時点 Amazon調べ-詳細)



ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 39

黒とう病の被害と発生時期

黒とう病は棚に残っている巻きひげや被害枝が第一次伝染源になります。

巻きひげの中に黒とう病が入り込み、越冬して翌年にそこが発生源として黒とう病をまき散らします。

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 40
  • ブドウの黒とう病の越冬枝病斑は雨を介して、4月から8月の時期に新梢葉へ感染する。
  • 降雨が続くと発生が増加する。
  • 4~5月になると、降雨のたびに分生子を多数形成し雨滴とともに感染を繰り返します。
  • 特に、萌芽したばかりの軟らかい新梢や新葉は本病に感染しやすい。
  • 発病部位は見つけ次第除去し、園外へ持ち出し適切に処分しましょう。
  • 柔らかい葉・新梢・果実を好み、硬くなった葉や新梢では発病しなくなる。

黒とう病の被害

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 41
ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 42
ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 43

上の画像のように房に黒点のように発生して外観を損ねてしまいます。

これにかかった部分はほぼ処分することになり、ブドウ農家にとって大敵の病気になります。

黒とう病の発生条件と時期と対策

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 44

ブドウ黒とう病の発芽前防除 果樹試験場

  • 棚に残った巻きひげや枝が残っていると、そこから雨を介して4月から8月の時期に新梢葉へ感染する。
  • 降雨が続くと発生が増加する。
  • 4~5月になると、降雨のたびに分生子を多数形成し雨滴とともに感染を繰り返します。
  • 特に、萌芽したばかりの軟らかい新梢や新葉は本病に感染しやすい。
  • 休眠期に石灰硫黄合剤やデランフロアブルを散布することで発生率を減らすことができる。

ココがポイント

黒とう病は棚に残った枝や巻つるを介して雨で広がるので、

冬に棚に残った巻きひげや枝を除去するのを基本として、

休眠期に石灰硫黄合剤やデランフロアブルを散布することで発生を減らすことができます。

黒とう病対策の農薬

  • オンリーワンフロアブル
  • ジマンダイセン水和剤
  • ペンコゼブ水和剤 他
    ※収穫前日数や果粉の溶脱に注意する

重点防除時期

休眠期防除にデランフロアブルの 200 倍液か、

石灰硫黄合剤の 10 倍液を発芽前に散布すると高い防除効果が得られることが明らかとなりました(図2)。

休眠期防除剤として既普及の他剤と比較して、と石灰硫黄合剤はブドウ黒とう病の発生抑制期間が長く、

安定した防除効果が期待できます。

関連薬剤

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 45
宮内硫黄合剤
¥2,510 (2019/10/19 20:57:49時点 Amazon調べ-詳細)
ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 38
(株)コジマ
¥5,200 (2019/10/19 20:57:48時点 Amazon調べ-詳細)

トップジンペースト3倍希釈液を結果母枝に塗布する

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 47

巻きひげを残さず除去するのが基本ですが、

結果母枝に薄めたトップジンペーストを塗布することで発生をかなり抑制することができます。

黒とう病は芽の付近に潜伏しており、ブドウの萌芽とともに活動を再開します。

なのでそこに薄めたトップジンペーストを塗布することで殺菌することができ、発生を抑制できます。

塗布する時期

塗布する時期は萌芽直前の3月頃です。

ブドウの萌芽が近づく頃に菌も活動してくるのでそこを狙います。

トップジンペーストの3倍希釈液の作り方

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 37
NISSO(日本曹達)
¥1,658 (2019/10/19 20:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

結果母枝に塗布するのでけっこう量を使います。

合計1200mlの希釈液を使うとして計算すると

作り方メモ

トップジンペースト400ml+水800ml=3倍希釈液1200ml

になります。

からの2Lのペットボトルに入れて作ると楽です。

トップジンペーストの3倍希釈液を塗る枝

これを刷毛で結果母枝に塗布します。

結果母枝とは今夏に新梢が伸びる元になる枝を指します。

黒とう病は芽の付近に潜伏しているのでしっかり塗りましょう。

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 49
ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 50

骨格枝や短梢剪定でのこした母枝に塗布します。

もちろん長梢剪定で残した枝にも。

注意点はあくまで結果母枝に塗布です。

古い枝(2年枝以上)に塗布しても効果は無いので注意しましょう。

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 51
ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 52

やっておいた方が良い品種

露地栽培でヨーロッパ系統の遺伝子が入っている品種はしといた方が良いです。

シャインマスカットやクインニーナ、安芸クイーンなどですね。

黒とう病は雨で感染するので、ハウス栽培や屋根かけ栽培であればしなくても問題ありません。

まとめ

チェックポイント

  • 萌芽前の休眠時期に行う
  • トップジンペーストを3倍希釈したものを結果母枝に塗布する
  • 露地栽培のヨーロッパ系統の品種はした方が良い
  • 黒とう病は雨で感染するので冬に棚に残っている巻ツルや枝は除去する
  • デランフロアブルや石灰硫黄合剤は黒とう病の発生を減らす

ブドウの病害虫【黒とう病の対策】発芽前の休眠期の防除で発生を減らす方法 53

 

全カテゴリー

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。
フォローして頂けると記事を書く励みになります。
青木果樹園のBASE shopはこちら

-果樹の病気・害虫図鑑, ブドウの栽培
-

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園-藤沢の直売所 梨・ブドウを販売・直送・通販- , 2019 All Rights Reserved.