果樹園の農作業一覧

グーグルマップで畑を管理

グーグルマップで畑を管理 55

グーグルマップを活用する

恥ずかしながら、こんな機能があるとは知らなかったです。

これで、大まかな植栽距離や反収(10アールあたりの収量)を、より簡単に計算できます。

使ったのはこのアプリです。

GPSで面積チェック!

※「グーグルマップ 面積」で調べると、面積を調べられるサイトも出てきます。PCの方はそちらがオススメです。

手順

1 、まず面積を調べたい場所を探します。右上にある、ボタンは現在の場所を調べるボタンです。
グーグルマップで畑を管理 56

2 、畑の外周にマーカーをタップして置きます。
グーグルマップで畑を管理 57

3 、あとは、右下の◆ボタンを押すと、マーカーを置いたところが線で結ばれ、面積が表示されます。
グーグルマップで畑を管理 58

このアプリの良いところは、直線距離を測れたり、マーカーを複数置けるので、歪な畑の面積も計れることです。
グーグルマップで畑を管理 59

畑は必ずしも綺麗な正方形ではありませんので、この機能はとても便利です。

縦の距離を調べたい時はマーカーを2つ置くことで直線距離を測れます。
この機能により、直線に何本間隔で植えられるかを簡単に計算できます。

どの程度正確なのかは分かりませんが、
これを活用すれば効率良く植えられるのは確かです。

収量と面積について

多くの果樹は10アールあたりの収穫量が決まっています。

この機能を使って、おおよその収量が判断できます。

収量は品種ごとに異なりますが、
ブドウの大粒系統なら1.2t〜1.3t
梨なら2t〜3t
など

農業では面積あたりの、最大の収量を上げることを1つの目標としています。

ハウス栽培では、二酸化炭素を施用したり温度を管理することで、植物の生育を良い状態に保つことで収量を上げられます。
※オランダのトマト栽培ではトンデモない収量だそうです。

ですが露地栽培では中々難しく、天候に左右されがちのため、この管理が大変困難です。
そのため、「指標となる収量」以上の量を実らせてしまうと、木が弱っていると枯れたり、実らせすぎて味が落ちたりします。

よって指標となる収量にするためには、畑の面積を確認することは大変重要なのです。

1本1本の収量を確認し、最高の味の果物をお届けできるように努力します。

コロコロするだけで距離が測れる優れもの。
メジャーで何度も移動させて測る手間が無くなります。
電子式タイプは雨の日には使えませんが、カウンター式のならいけます。

[iphone]

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-果樹園の農作業一覧
-

© 2021 藤稔発祥の青木果樹園