0466-44-2467

メルマガ登録/解除

お知らせ 2018年の販売は終了致しました。

藤稔(ふじみのり)

藤稔(ふじみのり)の誕生について

品種紹介

藤稔(ふじみのり)は当園の青木一直が育種した品種で、「井川682」と「ピオーネ」を交配して誕生しました。当時、ジャンボブドウとして大きく取り上げられ、栽培地を選ばないので現在は全国で幅広く栽培されております。
藤沢市を代表するブドウで、(故)小渕元総理大臣 にも献上されました。
別名で「大峰」とも呼ばれております。
収穫・販売はここ神奈川県藤沢市で、8月中~下旬頃始まります。

育種の目的

「人々に喜ばれる葡萄」を目的とし、育種を始めました。

交配品種

♀井川682×♂ピオーネ=藤稔

育成者

青木 一直(アオキ カズナオ)

品種登録年月日

1985年7月18日

経緯

1973年 「ピオーネ」の苗を株式会社 植原葡萄研究所で購入。
同年 「井川682」の苗を井川秀雄さんから頂く。
同年 ピオーネ・井川682の栽培を開始。
1978年 <交配を経て藤稔誕生>その「きっかけ」
長後から新宿へ引っ越されたお客様が、当園まで「井川682」を買いに来てくださいました。 「井川682」は大粒で旨いブドウでしたが、輸送性・貯蔵性が低く、新宿へ持ち帰る間に実が傷んでしまうという欠点があった。そこで輸送性・貯蔵性の良い「ピオーネ」を「井川682」と交配することで、良いブドウが生れるのでは?と一直は考えました。
1985年 品種登録
幸運 1回目の交配で生れた種を播種・育成したところ、藤稔が誕生しました。
ピオーネ 1957年に、静岡県の井川秀雄が巨峰×カノンホールマスカットを交配し作出された4倍体品種である。巨峰よりも香りが強く、かつ日持ちのよい品種とされている
長所:貯蔵性・輸送性・味が良い。欠点:花ぶるいがし易く、栽培が難しい。
井川682 井川682号(クロシオ×(フレームトーケー×オパーレ)
最大の特徴は、ピオーネ以上になる超ジャンボブドウとして知られ、井川会では秘蔵の品種として一般には公開されていなかった。
長所:大粒・栽培容易。欠点:実割れ・輸送性・貯蔵性に難あり。
1997年 中国へブドウの栽培指導へ赴き(19??年)、金華市栄誉市民の表彰を受ける。
1999年 (故)桜井いくぞう さん仲介のもと、(故)小渕 元総理大臣に藤稔を献上
現在 多くの方のご尽力により全国に藤稔は広まりました。
栽培方法が確立し、また、その技術も日々進歩しております。

名前の由来

青木 一直(アオキ カズナオ)本人が「藤沢で稔った(実った)」からという事で、「藤稔(ふじみのり)」と名付けました。
当初は当時の市長の提案で「プレジデント」という名前になる予定でしたが、当時、味噌(食品)でもともと販売されていた商品名「プレジデント」と重なるため、その予定は無くなりました。

品種の特徴

栽培について

藤稔の栽培で最も気をつかう点は畑の水分管理。藤稔は雨などに反応し易く、夏場など雨が少ない時に急な雨が降ると、一気に水分を吸収してしまい、玉割れ(粒が割れる)が生じてしまいます。

台風後の藤稔の玉割れの写真

そうならない為に、梅雨明けから何日か置きに適度な潅水(水やり)をします。

そうすることで、常に地面が湿った状態になり、水分を徐々に藤稔が吸収し、急な雨がきても急速な水分吸収を防ぐことができ、玉割れを防ぐことが可能です。

しかし、近年は雨の量や、猛暑など異常です。

豪雨、滝の様な雨が降ってしまい、玉割れや、猛暑による着色不良が生じて、通常の露地栽培では困難になりつつあります。
ですが、①水分を含み易い、保水性の高い畑(下地や水田を盛り土した場所など)②水分が逃げやすい畑、排水性の高い畑(高台など)によって、異なりますので、一概には言えません。

火山灰土土壌では暗紫赤色だが、適地で裁培すると紫黒色で果粉も多くなり品質向上する。果皮は厚く剥きやすい。若木時代(3~5年頃)徒長するとやや裂果
し易いが成木化して樹勢が落ち着けば裂果しなくなる。
枝葉も強靱で耐病性強く栽培容易です。

樹勢が強いため、従来の長梢剪定だけではなく短梢剪定 にも向く品種です。

ぶどう畑

味について

果肉はやや柔らかく酸味が少ない。皮は厚く、とても剥き易い。繊維質が残らず食べやすい。果汁が多く滴る甘さであり、子供でも一房ペロリと食べてしまう程の美味しさです。
巨大粒で話題を呼んだ本種の最大の特色は粒の大きさ。20gを超え、最大32gにも達します。(天候などによる)


投稿日:2014年10月2日 更新日:

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.