梨の栽培

大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか?

大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 61

一昨年から、苗場作りをコツコツとしていました。
ようやく今年のうちに完成しそうです。

苗木屋さんから苗も届き、仮植えの準備に入ります。

その際に、苗をいくらか切り戻すのですが、何センチがベストなのかなーと改めて纏めてみました。

畑の棚の高さにより、切り戻す長さは異なりますが

2本主枝 120cm
3~4本主枝 80cm~100cm
ジョイント 120cm
V字ジョイント 60cm

です。

また、切り戻す際のポイントは、

大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 62

芽の上で、斜めに切る。

これを平らに切ってしまうと

大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 63
大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 64

綺麗に切り口が癒合せず、出っ張った枝が出てしまいます。

特にジョイント苗を作る時は、斜めに切ることは必須です。

苗に添えるタキロンパイプなどの支柱選びも重要です。

ボコボコと凹凸が多い、イボ竹などを使ってしまうと、風で苗が動く時にイボにあたり擦れてしまいます。

そこから、病気が入り込み、誘引する時に折れてしまう原因になります。

イボや節が少ない 「若節竹や新節竹」がオススメです。

最初に出る枝は大切な主枝になるので、気を遣います。

大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 65大苗を作る時。何cmに切詰めるべきか? 66

若節竹(新節竹は廃盤に)

[iphone]

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-梨の栽培
-

© 2021 藤稔発祥の青木果樹園