電気柵・鳥避けの道具

【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧

【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧 49




【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧 56

 

電気柵を設置するほどでは無いけど、センサーが反応したら水やスプレーを噴射して物理的に追い払う機能を備える道具や、

センサーで感知したら音と光で威嚇する道具の紹介です。

 

センサー感知で自動噴霧スプリンクラーの一覧【鳥獣害対策】

 

センサーで害獣を察知したら水を噴射する撃退装置。

音波や音などでは慣れがあるので、これは物理的に追い払うので期待できそうです。

棚上に設置して鳥対策にも使い方次第でいけるかな?

 

【センサーで自動撃退】ソーラー充電スプリンクラー

【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧 57

 

おじさん高評価

野良猫が糞をするのをやめました。

男性

  野良猫がいつも、夜中に糞をしていた場所に設置しました。
センサー検知範囲も広く、水をかける範囲を自由に設定できます。
夜間のみの設定にして、以後、1週間以上糞をされていません。
最初の商品は、ポタポタ水漏れがありましたが、交換してもらった分は、ばっちりでした。
【出典:楽天

ソーラー充電スプリンクラーの詳細

商品サイズ(高さx幅) 約55cm×約15.5cm
重量 約870g
素材 ABS耐火プラスチック
電源 ソーラー電池
水の噴射量 約500mL(1回分の噴射)
ホースのサイズ 内径12~16mm、外径21mm以下

 

 

コンテック社 自動スプリンクラー 有害動物の侵入防止 クマ シカ [並行輸入品]

  • 本体からの距離10m、角度110度の範囲に、猫などの動物等が入り込むと、動きを赤外線で感知し、 スプリンクラーが動きだし、ノズルより急激に水撃退します。
  • 設定した首振り角度で水道水を3秒間まき散らし、 猫を撃退する、安全確実な猫よけ装置です。 (噴出時間:3秒間 噴出水量:1回の散水量は、約500mL)
  • 設置方法:地面にくい部分を挿し、9V乾電池を入れ、水道水のホースを繋ぎます。 植木鉢などに挿しても使用可能です。感度調節つまみ(on/off兼用)で感知距離を調節します。
  • 地上部高さ:約46cm 地下(杭)部長さ:約15cm 幅:約6.5cm 奥行:約18.5cm 本体重量:約660g(含乾電池)
  • ※米国製ホース(ネジ式)になっている為、そのままではご利用いただけません。日本製のホースを接続できる変換アダプターが別途必要となります。(別売り) ※角型9V乾電池は別売りとなっております。※日本語の説明書はございません。

 

フマキラー 猫まわれ右 びっくりスプレーセット 2セット

【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧 60
フマキラー
¥4,215 (2020/08/03 13:26:38時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはフマキラーのスプレーを噴霧するタイプです。

上二つと違い水では無くスプレーカートリッジを噴射するので簡易・急遽設置するのに良さそうかも。

野良猫が庭に糞をしたりダニが発生するときに使う道具です。

【センサー仕様】 種類:熱感知赤外線センサー 有効距離:(約)2~3m 有効角度:(約)90°の扇形
【スプレー仕様】 噴射範囲:(約)1~2m 噴射時間:0.8秒 スプレー回数:(約)50回 内容量:300mL ガスの成分:エタノール、LPG
【誤作動防止】 噴射前警告音:3秒間 一時停止モード:手を叩くと、音を感知して1分間機能停止
【寸法・重量】 個装寸法:(約)W145×D250×H130mm 個装重量:(約)620g
【その他の仕様】 電源:単4アルカリ乾電池4本 防雨設計

 

まとめ

 

水やスプレーなどで物理的に動物を撃退する道具の紹介でした。

音や音波で撃退する道具もありますが、物理的に撃退する方が効果があります。

 

 

【鳥獣害対策】自動撃退スプリンクラー・鳥獣センサー一覧 61

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-電気柵・鳥避けの道具
-,

© 2020 藤稔発祥の青木果樹園