ブドウの栽培 農家が現場で使う道具

【電気柵の設置方法と使った道具】ミニ番兵を設置してブドウをハクビシンやアライグマから守る

投稿日:2019年7月3日 更新日:

電気柵のミニ番兵の設置方法と設置に使った道具の紹介です。
ハクビシンやアライグマが棚や木を登って果物を食べにくるのでその対策をしました。

電気柵を設置する前の準備

草が生えていたら刈払機で除草後に【ラウンドアップ】を散布します。
草が生えていると防草シートが浮いてしまいしっかり張れないのと、除草剤を撒くことでシートが後から伸びた草で持ち上がらないようにするためです。
可能なら1ヶ月〜2週間前に除草剤を散布しとくと刈払機を使わずにすみます

ポイント

  • スギナが出ていた場合は25倍で撒いてしっかり除草しないとシートを浮かせる原因になりますので注意しましょう
  • 2週間前には除草剤を散布しておく

防草シートを設置する

支柱の外側に設置します。
理由はハクビシンなどが支柱に登らないようにするためです。
また、支柱付近はラビットモアなどが入りにくく刈払機もしにくい場所なので除草作業を減らすことも目的です。

50cm幅の防草シートを設置しましたが、幅が広い方が草が伸びた時に電気柵のコードに引っ掛らないのでオススメです。
なので75〜100cm幅の防草シートがオススメです。また、せっかく敷くのなら耐久性が高い防草シートが良いです。
安いのだと1〜2年でダメになるので、再度敷き直しになり作業時間が増えてしまいます。
アグリシートや、可能なら厚手の防草シートを敷きたいですね。

敷くときは中に支柱を入れて支柱を防草シートピンで固定すると1人でも簡単に防草シートを敷けます
専用の道具もありますが狭いスペースならこの方法が楽です。

また、防草シートを留めるピンは長さが30cm位がオススメです。
これより短いと雨で土に水分が含んだときにシートが持ち上がりピンが抜けることがあります。特に斜面とか。

なので長さは30cm以上のピンにしましょう。
ただ土がかなり硬い畑であれば短くても問題無いと思います。

ポイント

  • 支柱の外側に設置
  • 幅が75cm以上で厚手のシートがオススメ
  • ピンの長さは土壌によるが30cm以上がオススメ

柵を設置する

留め具の高さ

電気柵用の支柱を設置します。
付属していた支柱はφ14mmのポールにコードをとめる留め具がついていました。
上中下と3本コードを設置するので途中に留め具が足りなくなって追加注文をしました。

下から順に、高さ【10cm・25cm・40cm】のところにコードの留め具を取り付けます。

ハクビシン

アライグマ

ポイント

高さ【10cm・25cm・40cm】のところにコード(線)を張るのでその位置に留め具をつける

支柱を設置する場所

支柱は四隅に負荷が掛りやすく、コードが垂れやすいので一本近い所に支柱を足しています。
支柱ごとの距離は2〜3m毎に一本設置。
斜面の場合は雨風で支柱がズレやすいので、1.5〜2mほどの間隔にしています。

また、支柱は必ず防草シートの中央に設置します。
どちらかに寄っていると草が伸びた時に引っ掛かりやすく漏電の原因になります。

ポイント

  • 支柱の距離は2〜3m毎、斜面は短く1.5〜2mほどの間隔
  • 支柱は必ず防草シートの中央に設置する

コードを設置する

以前に購入したボビンと巻取り機を使います。

昨年、コードを回収した時にうえのボビンに巻きつけたのでコードが絡まずに伸ばすことができました
コードは構造上【ヨリ】があるので絡まりやすく、一度絡まると解くのに無駄な時間がかかってしまいます。

距離が長ければ巻き取りハンドルをピンで固定して、
コードを全て延ばした後に留め具に取り付けるのが効率の良い方法だと思います。

可能であれば【〇〇畑用 上段・中段・下段】と段ごとに分けて保管すれば
使うときも・片付けるときも楽になります。

ゲートと電気柵バッテリーの設置

乾電池で作動する【ミニ番兵】を取り付けます。
赤は電気を流すコードで番兵の上部と電気柵のコードをクリップで挟みます。
緑はアースなのでピンを地中に差し込みそのピンの一部をクリップで挟みます。

出入口は取りはずしできるようにゲートハンドル(黄色いパーツ)を取り付けます。
バネが内蔵しているのでSSやラビットモアなどが入る際に取り外しが簡単にできて楽です。

電気を流す時間帯

ハクビシンやアライグマは夜行性なので夜間のみ作動するようにしています。
場所によっては日中も害獣が出てくるので、その地域に出現する害獣に合わせて設定しましょう。

使った道具

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電気柵部品】巻取ボビン(共通)
価格:972円(税込、送料別) (2019/7/2時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電気柵巻取器】巻取りハンドル(3点式スタンドタイプ)
価格:4536円(税込、送料別) (2019/7/2時点)


鳥獣害対策の関連記事


34view

農家が現場で使う道具 農業で使うWEB・IT・ガジェット

【鳥獣害対策】有害動物を撃退するセンサー式自動スプリンクラー3選【2019年版】

害獣センサーには音と音波で撃退するタイプもありますが効果がいまいちなモノも。。 今回紹介するセンサーは反応したら水やスプ ...

55view

農家が現場で使う道具

【収穫前の鳥獣害対策】ソーラー式音波動物撃退器や音追いピストル4選【2019年版】

収穫前の鳥獣害対策の道具を紹介します。 収穫前に鳥や獣がやってきてせっかく実った果実を食べにくるので、その対策が必須にな ...

17view

ブドウの栽培

【電気柵を設置する前の重要なこと】設置予定場所には防草シートを設置する

冬の雑草が生長しにくい期間に防草シートの設置準備をしています。 畑の外周にラウンドアップを散布。 冬はラウンドアップを散 ...

-ブドウの栽培, 農家が現場で使う道具
-

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.