フィンガーライムの栽培 果樹園の農作業一覧

フィンガーライムの剪定を失敗しないために

2016年3月12日

フィンガーライムの剪定を失敗しないために 31

フィンガーライムを2月頃に剪定しました。

今回はその後の状態をUPします。

結論を言うと、、、

「失敗しました。」 一部ですが、。

・ビフォー(2月上旬)

20160208082303.jpg

・アフター(3月上旬)

DSC_0010

一部で枝が枯れこんでいます。

 

 

では、なぜ失敗したのか?

・本来の剪定の時期は暖かくなる3月上旬だが、ハウス(加温無し)だから大丈夫だろうと思い2月に剪定した。
その後、3月上旬に寒さが戻ってきて、苗にダメージが。

対策→今後は三寒四温を過ぎて、気温が安定するころに剪定をする。

・開心自然形にしようと思い枝を剪定しすぎた結果、寒さに耐えられず枯れた。

対策→1~2年は苗をほったらかしにし、苗が大きくなった3年目以降に主幹仕立てに剪定をする。

 

栽培して良くわかったことは、寒さにかなり弱いことです。

霜対策で屋根かけ栽培もよいと思いますが、蕾がかなり小さいため、
少しの寒さでも受粉に悪影響があるのではと思います。

果実をならせるには(収益を出すたレベルまでもっていくには)加温が必須だと思います。

ただ、今後において大分需要が見込める果樹だと思います。

イタリアンやフレンチなどの高級食材として活躍しそうです。

DSC_0016

 

フィンガーライム1ケース、500g前後、10パック前後

フィンガーライム1ケース、500g前後、10パック前後
価格:10,212円(税込、送料別)

 

simフリースマホに変えたので、充電ケーブルを選んでいました。

前回購入した高速充電器と相性もよく、丈夫なのでとても重宝してます。

6本セットでこの品質と価格は安い!

[iphone]

 

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-フィンガーライムの栽培, 果樹園の農作業一覧
-

© 2022 藤稔発祥の青木果樹園