ジョイント栽培の方法

ジョイントV字栽培用の育苗施設の作り方

2017年3月25日

ジョイントV字栽培用の育苗施設の作り方 5

やる事が多くカツカツです 汗

桃、柿、スモモのJV仕立てをさらに追加するため、イチジクのあった棚をJV用の棚に作り変えています。
※一応、イチジクの栽培は継続します。

ジョイントV字栽培用の育苗施設の作り方 12

以前作った時と同じようにφ48.6単管パイプを4本用意し(長さ50-60cm)、そこに48.6×22mmのカチックス(またはクロスワン)で22mmのパイプをとりつけました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カチックス アーチ22mm直管48mm
価格:226円(税込、送料別) (2017/3/24時点)

支柱の端から端の距離は約5mほどでした。
ホームセンターで販売している鉄パイプは4mまでしかなかったので、パイプを繋げる道具を使って5m20cmほどに延長。
それを上下に設置。

繋げる道具はコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中ジョイント 22mm【直管25mm用】
価格:70円(税込、送料別) (2017/3/24時点)

差し込むタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直管ジョイント 22mm
価格:113円(税込、送料別) (2017/3/24時点)

外側につけるタイプがあります。

直交クランプはコメリが一番安く手に入りました。

今度は苗を寝かす場所の作成です。
JV苗は約50〜60cmのところで主枝を曲げて誘引します。
そのためポットが斜めになるため、潅水がしにくくなるのと、ポットを固定する必要があります。

そこで、田んぼの畦畔に使う「あぜ波シート」を活用します。

これです。

ポットの高さがおよそ30cmなのでシートの高さが30cmほどのものにしました。

しかし、このままではシートがぐらついてしまいます。

なので専用の杭を打ちます。

これでシートを倒れないようにします。

さらにポットの乾燥防止のためにあぜ波シートとポット設置後に隙間に土をいれてやります。

翌年、ポットを取り出す時に土が散乱しないようにシートを下に敷こうと思います。

ポットの幅が30cm×2、高さが30cm×2。なので幅が120cm程の防草シートを設置します。

根域制限栽培のような感じです。

設置したら、ポットの隙間にバーミキュライトなどをいれて、水分が保たれるようにします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーミキュライト 100L
価格:1512円(税込、送料別) (2017/3/25時点)

苗の新梢をしっかり伸ばすにはキチンとした潅水、水分をコントロールするのが重要です。

  • この記事を書いた人

青木果樹園

梨やブドウ、フィンガーライムなどの果樹栽培に関する記事や農業資材のレビューを書いています。フォローして頂けると記事を書く励みになります。

-ジョイント栽培の方法
-, ,

Copyright© 藤稔発祥の青木果樹園【果樹の育て方・農機具レビューブログ】 , 2019 All Rights Reserved.