ブドウの栽培

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法】5月下旬~7月上中旬の時期に行う

投稿日:2016年5月30日 更新日:

ジベ処理のピークです。

開花の時期にはやるべき作業が複数ある大事な時期です。
この時期の摘心でブドウの粒を大きくすることができます。

粒を肥大させるのは5月下旬~7月上中旬の期間

この時期に新梢の先端を摘芯します。
そうすることで【枝を伸ばすための養分が房に集中して肥大促進】につながります。

新梢の【先端が50円玉くらいのサイズの未展葉時】に摘心するのがベストです。
あまり枝が大きく生長してから摘心してしまうと悪影響が出てしまいます。
それについては後述します。

上記の画像のように先端は手で簡単に摘んでとれるので作業としては大変楽です。
ただし、注意点があります。

注意点

摘芯するのは【強めの新梢のみに絞る】です。
弱くあまり伸びていない新梢を摘芯してしまうと、
その後の新梢がまったく伸びず(副梢も伸びない)房が大きくならないのと、味も落ちてしまいます。


上の画像のような【弱い新梢は摘芯しない

ただ、もう少し後の時期にある程度の長さと新梢の勢いが良くなれば摘芯をしても大丈夫だと思います。
※その年の気温によるので判断が難しいですが。
気温が低い年だと新梢の伸びが悪いため副梢も伸びない場合もあります。

論文では
房から先7~8節のところで摘芯および副梢は2~3枚残してこちらも摘芯をする】ことで肥大に繋がるとあります。
※基部の葉っぱは重要なので枚数を多く残す。

また、もっとも重要なポイントは

ポイント

摘芯は先端の葉っぱが50円玉くらいの小さな時に繰り返し行います。】

上記はとても重要です。
なぜ50円玉くらいの未展葉の時に摘心をするのか?
それについて論文で説明されています。

摘心に関する論文

シャインマスカットの新梢管理の論文一覧

この中の論文の1つに「新梢を強摘芯することで、縮果症の助長】をしてしまう。」と記載があります。
ハサミでバサッと切るのではなく、こまめに摘芯をするのが重要です。

摘心の処理節位および処理時期がブドウ
‘シャインマスカット’の果粒肥大に及ぼす影響

摘心をする時期

摘芯をする時期は今年は【7月下旬(7月末)くらいまで】にしておく予定です。

8月以降などにすると、その時期では副梢の伸びが落ち着いてくるので
日が当たり過ぎてしまい【日焼けが発生する恐れ】があります。
また渋みが抜けなくなる可能性】があります。
※青系ブドウでは日があたり過ぎて黄色くなってしまう。

ただ、ある程度スイておかないと影になって着色が遅くなります。

まとめ

摘芯をする時期は開花始め(5月下旬頃)から7月下旬(末日)頃まで(品種による)

黒や赤系ブドウにおいて

5月下旬〜7月上中旬までの摘芯は【肥大促進】が目的。
7月下旬(末日)の摘芯は、採光確保の着色促進が目的。

青系ブドウにおいて

5月下旬から7月下旬(末日)までの摘芯は肥大促進が目的。

ポイント

摘芯をするのは強めの枝のみで弱い新梢はしない
房の先7~8節のところで摘芯。
房から先の副梢は2~3枚残して摘芯。
房より前の葉っぱは多めに残す。
摘芯するところの葉っぱは50円玉くらいの大きさの時に繰り返し行う。
※ハサミでバサッと切るような強摘心はしない。

近正の先丸ソリハサミ。
葉先が丸いので、摘粒の時に粒を傷つけにくいです。

 


摘心の関連記事


381view

ブドウの栽培

ブドウの摘芯は8月に入ったらしない方が良い理由

摘芯の時期 ブドウの摘芯をひたすら繰り返してます。 ひたすらひたすら。。。 熱中症になりそう。。 副梢は2節残しで切り落 ...

324view

ブドウの栽培

【ブドウの短梢樹形】の新梢の管理のし易さと樹形の種類

新梢を誘引する時に枝同士が重ならないように気を使います。 重なってしまうと摘芯がしにくくなり、作業性が悪くなり余計な時間 ...

27view

梨の栽培

【梨の摘心の時期と方法を画像で解説】摘心する枝と、しない枝

摘心は側枝からでる新梢を根元に近いところで切ることで樹勢を弱めて花芽をつかせる作業になります。 花芽のつき具合によって翌 ...

 

-ブドウの栽培
-

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.