お知らせ 2018年の販売は終了致しました。

ブドウの栽培

【ブドウの摘心で粒を肥大させる方法】5月下旬~7月上中旬の時期に行う

投稿日:2016年5月30日 更新日:

ジベ処理のピークです。

開花の時期にはやるべき作業が複数あります。
とても大事な時期です。

粒を肥大させるのは5月下旬~7月上中旬の時期

この時期に新梢の先端を摘芯します。
そうすることで、枝を伸ばすための養分が房に集中して肥大促進につながります。

先端は手で摘んでとれます。

ただし、注意点があります。

注意点

摘芯するのは、
強めの新梢のみに絞る
です。

弱くあまり伸びていない新梢を摘芯してしまうと、その後の新梢がまったく伸びず(副梢も伸びない)、房が大きくならないのと、味も落ちてしまいます。


弱い新梢は摘芯しない。

ただ、もう少し後の時期に、ある程度の長さと新梢の勢いが良くなれば、摘芯をしても大丈夫だと思います。
※その年の気温によるので判断が難しいですが。気温が低い年だと新梢の伸びが悪いため、副梢も伸びない場合もあります。

論文でも
房から先、7~8節のところで摘芯および副梢は2~3枚残してこちらも摘芯をすることで肥大に繋がるとあります。
※基部の葉っぱは重要なので、枚数を多く残す。

また、摘芯は先端の葉っぱが50円玉くらいの小さな時に繰り返し行います。

上記はとても重要です。

シャインマスカットの新梢管理の論文一覧

この中の論文の1つに、「新梢を強摘芯することで、縮果症を助長をしてしまう。」と記載があります。

ハサミでバサッと切るのではなく、こまめに摘芯をするのが重要です。

摘心の処理節位および処理時期がブドウ
‘シャインマスカット’の果粒肥大に及ぼす影響

摘芯をする時期は今年は7月下旬(7月末)くらいまでにしておく予定です。

8月以降などにすると、その時期では副梢の伸びが落ち着いてくるので、日が当たり過ぎてしまい、日焼けが発生する恐れがあります。
また、渋みが抜けなくなる可能性があります。
※青系ブドウでは日があたり過ぎて黄色くなってしまう。

ただ、ある程度スイておかないと影になって着色が遅くなります。

まとめ

•摘芯をする時期は開花始めから7月下旬(末日)頃まで(品種による)

黒、赤系ブドウにおいて、
5月下旬〜7月上中旬までの摘芯は、肥大促進のために。
7月下旬(末日)の摘芯は、採光確保の着色促進のために。

青系ブドウにおいては、
5月下旬から7月下旬(末日)までの摘芯は肥大促進が目的です。

•摘芯をするのは強めの枝。弱い新梢はしない

•房の先7~8節のところで、摘芯。
房から先の副梢は2~3枚残して摘芯。
房より前の葉っぱは多めに残す。
摘芯するところの葉っぱは、50円玉くらいの大きさの時に繰り返し行う。

※ハサミでバサッと切るような強摘心はしない。

近正の先丸ソリハサミ。
葉先が丸いので、摘粒の時に粒を傷つけにくいです。

摘心の関連記事

46view

ブドウの栽培

一回目のジベ処理後の房の様子

ジベ処理後のブドウの状況 粒も大きくなってきました。 二回目のジベの処理前に、予備摘粒と新梢を7節目位で摘心することで玉 ...

101view

ブドウの栽培

【ブドウの短梢樹形】の新梢の管理のし易さと樹形の種類

新梢を誘引する時に枝同士が重ならないように気を使います。 重なってしまうと摘芯がしにくくなり、作業性が悪くなり余計な時間 ...

57view

ブドウの栽培

ブドウの「摘芯」は7月下旬で終了

ブドウの摘芯を繰り返す事で、新梢を伸ばす養分を房に集める事ができます。 房に養分が集まる事で、肥大促進や糖分が上昇します ...

-ブドウの栽培
-

Copyright© 新鮮・完熟果物を直送 青木果樹園-藤稔誕生の直売所- , 2019 All Rights Reserved.