ブドウの栽培

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】

2015年10月31日

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 45
山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 59

山形の菊地園芸さんへ圃場見学に行って来ました。(事前にアポ済み)やはり現場は大変勉強になり、行って良かったです。

 

苗木専門店の圃場の様子

  • 山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 60
  • 山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 61

凄い苗木の数•••(°_°)

この苗木たちを雪が積もる前に掘り上げて、管理がしやすい場所へ移動させるそうです。しかも、事前に葉っぱを手作業で全て取る必要があると、、。(葉っぱを取らないと、管理に支障をきたすため。)

よく見ると、葉っぱを取った後の苗木が同じ方を向いてます。

理由は、トラクターにつける専用の機械で掘り上げる際に、枝を巻き込まないようにするためだそう。※向きがバラバラだと機械に巻き込んでしまう。

また、山形だけで国内の苗木(たしかブドウの苗木)の生産量の60%を占めるそうです。毎年、新しい品種がドンドン増えているため、覚えるのも大変だそうです。

苗木の生産が本業ですが、栽培や果実品質などについての質問が多岐に渡るため、常に勉強が欠かせないそうです。

そして一番勉強になったことは、

 

ブドウの新梢は横に寝かす

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 62

そして、最も勉強になったのはブドウの新梢は横に寝かす事です。

当園では、梨や桃などの苗木は真っ直ぐ伸ばすようにと苗木の管理をしています。

しかし、ブドウはそれと同じように、真っ直ぐ伸ばすように管理をしてしまうと先が細ってしまい、均一の太さにならないそうです。

そのため、新梢は横に寝かす。

そうする事で、枝の先まで均一な太さになり、翌年の芽出しが均一にいくそうです。

 

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 63

確かに、家のブドウの苗木は先が細っています、、。

苗木屋さんは苗木の管理のプロなので、流石です。行って良かった!

関連

育苗・苗木の育て方の関連記事

育苗・苗木の育て方の関連道具や書籍

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 51
青木果樹園
果樹の苗を植えるポット。根っこがでない加工がしてあり1年間育苗するときに使っています。 @KazyuenAoki 


苗木の時や接ぎ木をするときは簡易型の加温型ビニールハウスをおすすめします。
山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 56
青木果樹園

育苗・苗木の育て方の記事一覧へ

山形県の菊地園芸さんに圃場見学へ行った話【苗木専門店】 64

この記事が気に入ったら
facebookページにいいね ! しよう

Twitter で

-ブドウの栽培
-

© 2022 藤稔発祥の青木果樹園